大阪在住OLの旅とグルメと日常。

旅とグルメと日常について、つれづれ。

蛇の神様。

今からたぶん、10年以上前の話になります。

あまりにも衝撃が大きかったので、

どこかに書き残したりしてるかと思ったのですが、

何もなくて、記憶が少しあやふやなんですが、

人生で一番怖かった話です。 

 

私には弟がいます。

ある日、弟が車で夜釣りに行きました。

釣りを終えて車で寝ている時に、

弟は長い髪の女の人が(生きている人ではない)、

車の外からこちらを見ているのを見てしまったのです。

霊感などないと思っていた弟はパニックになり、

次の日に震えながら家に帰って来ました。

それから当時学生だった弟は、

日常的に霊のような物がたくさん見えるようになり、

怯えていました。

「霊が襲ってくる!!」

と叫び、怖がって何日も眠れない日が続き、

挙動不審で目が離せない状態になり、

母も困り果てていました。

 

親戚の知り合いの占い師(霊媒師?)を

紹介してもらえることになり、

母と私と弟で奈良へと向かいました。

そこでやはり、「悪い物が憑いている」と言われ、

日を改めて奈良の有名な神社で、

お祓いを受けることになりました。

 

後日、神社でお祓いを受けて、

少し高い水晶の数珠を占い師から買って、

気持ち的にも楽になったので、

もう大丈夫だと思いました。

 

しかし、それからが本当の恐怖の始まりだったのです。

 

家に帰ってから、

弟がクネクネと体をよじるような動作を始めました。

最初はふざけているのかと思った私達でしたが、

見ているとすごく苦しそうです。

でも、声を掛けてもあまり反応はありません。 

その動作は朝までずっと続き、

私達はなすすべもなく見守ることしかできませんでした。 

 

次の日、再び占い師の方に連絡して、

再度あの神社へ向かうことになりました。

どうやら神様の力が強過ぎて、

憑りつかれてしまったのかも?

というお話でした。

それを聞いて、少し合点がいったような気がしました。

その神社は「蛇の神様」として有名だったからです。

クネクネとした動きが正にそうだったんだと・・・。

 

お祓いを受けてからも、

しばらくは弟は本調子ではない状態が続きました。

今ではあの時のことは、

もうほとんど覚えていないそうです。

霊感も今はないようです。

 

私も何度か心霊体験をしたことはありますが、

今までで一番恐ろしかったのはこの時の体験です。

その時、「弟」が弟ではない「何か」であったというのが、

はっきりとわかったから。

何よりそんな恐ろしい目にあった私の大事な弟が、

今は元気に仕事をして生きていてくれることが、

私は嬉しいのです。

 

私達が普段は見えていない「何か」は、

この世にはたくさんあるのでしょう。

 

心霊体験とは、

その「何か」を垣間見ているだけに

すぎないのかもしれません。

 

今週のお題「怖い話」

 

miyugurumetabi.hatenablog.com

miyugurumetabi.hatenablog.com

プライバシーポリシー お問い合わせ