大阪在住OLの旅とグルメと日常。

旅とグルメと日常について、つれづれ。

マイナンバーカードについて本気出して考えてみた。

マイナンバーカードの申し込みはされましたか?

 

・・・え!?まだしてない??

 

実は私もまだです(笑)

なぜなら、現状ではあまりメリットがないから😅

 

でも、もちろん取得した方がいい人もおられます✨

マイナンバーカードを取得した方がいい人

 

引っ越しをする予定がある

マイナンバーカードの代わりに、

マイナンバー「通知カード」のコピーをとって、

証明書として使ったことはありませんか?

2020年5月24日以降に引っ越しをして

住民票の住所が変わった場合、

通知カードの「表面記載事項」が住民票と不一致となり、

マイナンバーを証明する書類として使えなくなります。

結婚や離婚等で名前が変わった

この場合も上記と同じく、

通知カードの「表面記載事項」が住民票と不一致となるので、

使えなくなります。

顔写真付き身分証明書を持っていない

運転免許証、パスポート等の

顔写真付きの身分証明書を持っていない場合、

本人確認が必要な手続きをする時に、

指定された2点以上の書類を提出するか、

住民票等が必要になる場合もあります。

身分証明書はあるが期限が切れている(近々切れそう)

運転免許証もそうですが、

パスポートは特に注意が必要です。

期限が切れていたとしても、

コロナ禍でいつ海外旅行ができるかわからない状態です。

しかも更新するには手数料がかかります。

私なら迷いなく、「マイナンバーカード」を申請します。

住民基本台帳カードを身分証明書として使っている

住基カードの発行日から有効期限内(10年間)であれば使えますが、

電子証明書の有効期限は3年間です。

また、更新もできません。

使い勝手を考えると、マイナンバーカードを取得して、

住基カードは返納してしまった方がよいでしょう。

マイナンバーカードの注意点

 

有効期間がある

マイナンバーカードの有効期間は、

発行の日から10回目の誕生日までです。

※20歳未満の場合は、容姿の変動を考慮し、

5回目の誕生日までになります。

また、署名用電子証明書及び利用者証明書の有効期間は、

発行の日から5回目の誕生日までです。

5年に1回は、

何かしら更新しないといけないってことですよね。

これは結構面倒くさい。

個人情報漏洩が心配

あってはならないことではありますが、

絶対に安全とはお世辞にも言えません。

申し込みをすれば、

2021年から「健康保険証」としても使えるようになる

予定です。

しかし、みなさんは普段、

「健康保険証」をどうやって保管されてますか?

私は外出先や仕事中に具合が悪くなっても、

すぐ病院に行けるようにほぼ毎日持ち歩いています。

それがもし、「マイナンバーカード」だったらと思うと、

かなり怖いです・・・。

マイナポイントって実際どうなの?

マイナンバーカードを使って申し込みした

「キャッシュレス決済サービス」で、

チャージやお買い物をすると、

利用金額の25%分のポイントがもらえるという

「マイナポイント」。

2万円使うと、5千円分のポイントがもらえます。

サービスによっては更にプラス2千円分もらえたり、

とってもお得な気がしますよね?

マイナンバーカードを取得した方がいい人」に、

当てはまった方は確かにお得だと思います。

でも、それ以外の方にはどうなんでしょう?

 

私が「リクルートカード」に申し込んだきっかけは、

JCBスマホ決済をすると20%キャッシュバックされる

キャンペーンでした。

20%でしたが、上限額は1万円で、

更に「リクルートカード」に入会して条件をクリアすると、

最大6千円分のポイントがもらえました✨ 

 

それなのにマイナポイントは、

基本は上限額たったの5千円です😅

 

デメリットや手間を考えると、

必要に迫られなければ、

申し込みするに値しないというのが本音です。

 

5千円程度であれば、

新規でクレジットカードに入会するだけで、

もらえる場合も多いです(笑)

結論

マイナンバーカード」は、

現時点では必要に迫られなければ取得する必要はない。

マイナンバーカードを取得した方がいい人」

当てはまる場合か、

どうしても「マイナポイント」が欲しい方は、

取得すると良いでしょう。

 

でも、「キャッシュレス決済」に関しては、

始めた方が便利だし絶対にお得ですよ😊

 

※上記は2021年3月4日時点の情報です。

プライバシーポリシー お問い合わせ