大阪在住OLの旅とグルメと日常。

旅とグルメと日常について、つれづれ。

十和田ホテル【秋田】は宮大工さんが作り上げた芸術品。

秋田県にあるステキな「十和田ホテル」✨

秋田と言っても、少し行けば青森。

奥入瀬渓流にも近い立地です。

十和田ホテル【秋田】は宮大工さんが作り上げた芸術品。

f:id:miyugurumetabi:20201004000700j:plain

正面入り口外はこんな感じで、風格があるホテルです。

宮大工による純和風の木造建築物が堪能できる

f:id:miyugurumetabi:20201004000733j:plain

入口から、ため息が出るくらいに美しい✨

ホテルの中を散策するだけでも、

芸術作品を鑑賞できた満足感があります😊

どの客室からも十和田湖が見える

f:id:miyugurumetabi:20201004000801j:plain

残念ながらお天気があまり良くなかったので、

十和田湖の写真は撮ってなかったのですが、

お部屋は広々としていて、

家族三人でゆったりとくつろげました😊

食事はフレンチっぽい和食

f:id:miyugurumetabi:20201004000834j:plain

晩ご飯に出たミルク鍋😍

初めて食べたのですが、美味しかったです♪

一応、和食なのですが、

盛り付けとかがフレンチっぽい感じでした✨

朝ご飯は和食と洋食を選べます。

洋食の食べ放題のパンがとっても美味しかったです。

大浴場からも十和田湖が見える

温泉ではないですが、

大浴場の「青葉の湯」「紅葉の湯」から、

十和田湖の景色を眺めながら、

ゆったりお湯に浸かれるのは最高です✨

奥入瀬渓流からも近い

レンタカーで走れば、約40分ほどで奥入瀬渓流です。

車がない人は、

ホテルの無料送迎バス(※前日までに要予約)で、

「休屋」まで行き、

JRバス東北の「みずうみ号」「おいらせ号」に乗れば、

奥入瀬渓流に行くことができます。

 

住所:秋田県鹿角郡小坂町十和田湖字鉛山

TEL:0176-75-1122

 

秋田方面からは公共交通機関がほぼないので、

車で移動することをオススメします

青森の八戸駅からはJRバス東北「おいらせ号」、

新青森駅からは「みずうみ号」が出ていますので、

「休屋」まで行けば、

ホテルの無料送迎バス(※前日までに要予約)があります。

ただ、無料送迎バスが4/18~9/30までとなっているので、

ご注意下さい。

奥入瀬渓流に行く場合もホテルに要確認です。

 

また、東北地方は冬が厳しいところです。

雪が降り積もることもあれば、

道が凍ってツルツルになっていることもあります。

くねくねと細い道が続いている場所もあります。

レンタカーやマイカーで動ここうと思っている方も、

運転には十分にお気を付けて下さい。

 

冬季の公共交通機関が限定されてしまうのは、

そういった事情もあるのでしょうが、

厳しい冬にこそ東北らしさがあるので、

車に乗れない人も気軽に行けるように、

交通機関がもっと増えるといいなぁ。

 

上記は、2020年10月4日時点の情報です。

プライバシーポリシー お問い合わせ