大阪在住OLの旅とグルメと日常。

旅とグルメと日常について、つれづれ。

【パラサイト 半地下の家族】は韓流苦手な方にこそオススメ。

カンヌ国際映画祭アカデミー賞で受賞していた作品で、

母にも面白いと勧められていたポン・ジュノ監督の

パラサイト 半地下の家族」を見ました。

私はあんまり韓流には興味がなかったし、

映画もほとんど見たことがなかったので、

あまり期待はしていませんでしたが、

想像以上にすごい作品でした✨

【パラサイト 半地下の家族】は韓流苦手な方にこそオススメ。

 

あらすじ

父ギテク、母チュンスク、息子ギウ、娘ギジョンのキム家の4人は、

貧乏で職もなく、狭くて汚い半地下のアパートで暮らしていた。

ある日、ギウはエリート大学生の友人ミニョクから、

「留学している間、

 僕の代わりに家庭教師アルバイトをしてくれないか?」

と頼まれ引き受けることに。

そこはIT企業の社長パク・ドンイク一家が暮らす大豪邸だった。

パク一家に気に入られたギウは、

家族ということを伏せて、

妹のギジョンを絵の家庭教師として紹介する。

そして、パク家は知らない間に、

キム家の住処へと変わっていく・・・。

パク家への侵入の手口がすごい

名前や経歴を偽るのは別として、

妹を家庭教師として紹介するまでなら、

十分ありえる話ですが、

その後の手口がすごいです。

元々パク家で働いていた人達を追い出して、

家族全員で同じ家で働くという😅

もうお見事としかいえない(笑)

息もつかせぬ展開

2時間以上ある大作ですが、

あっと言う間に見終わってしまった感覚でした。

家族でパク家に侵入するまでの経緯も、

パク家に侵入してからも、

更に驚きの展開が用意されていて、

コメディもサスペンスも涙も

とにかくすべてがそろった映画です✨

決して悪人ではない

この映画に登場する人物はすべて、

悪人ではないのだと思います。

キム家は、ただただ半地下のアパートを出たくて、

仕事が欲しくて、

そこにたまたまパク家が現れただけで。

パク家が現れなければ、

キム家は犯罪に手を染めることもなく、

貧乏に愚痴を言いながらでも、

半地下のアパートで暮らしていたでしょう。

 

パク家もまた悪人ではありません。

逆に簡単に人を信じてしまうお人好しとも言えます。

でも半地下の匂いが嫌いで、

平気で差別をしてしまうだけ。

そしてそれが、

最終的に引き金を引く原因になってしまいます。

見終わった後のなんとも言えない感情 

父ギテクさんの言葉で、

計画通りにいかないのが人生だ

っていうのがあるんですが、

それがすべてを象徴しています。

 

ギテクさんはいろいろ頑張ったけど、

全部失敗して仕事もなくなって、

半地下のアパートで内職しながら暮らすのが

精一杯でした。

 

でもドンイクさんは、

もちろんそれなりに努力はしたのだろうけど、

IT社長になって豪邸で悠々自適に暮らしています。

 

その差はいったい何なのか?

どれだけ計画して努力して頑張っても

うまくいかないことはたくさんある。

 

だけど、それでも腐らずに、

自分なりに生きていくことしか、

私達にはできないのだけれど・・・。

 

miyugurumetabi.hatenablog.com

 

miyugurumetabi.hatenablog.com

 

miyugurumetabi.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー お問い合わせ