大阪在住OLの旅とグルメと日常。

旅とグルメと日常について、つれづれ。

【僕だけがいない街】はタイムリープ好きに見てほしい。

三部けいさん原作の「僕だけがいない街

のドラマが地上波で放映されるということで、

すごく楽しみにしています。

数年前に深夜アニメ枠で見て、

毎回とても気になるところで終わるので、

ドキドキハラハラしたのを覚えています😊

僕だけがいない街

 

あらすじ 

主人公の売れない漫画家・藤沼悟は、

リバイバル(再上映)」と自分で名付けた

特殊な能力を持っていた。

いわゆるタイムリープという現象で、

直後に起こる悪い事の原因が取り除かれるまで、

その直前の場面に何度も時が巻き戻されてしまうのだ。

 

ある日、ピザ屋の配達のバイト中に、

子どもが交通事故に遭うのをリバイバルで防いだ悟は、

自分が車にはねられて入院することに。

心配して上京した母・佐知子と暮らし始めた悟。

佐知子とスーパーで買い物をしていた時に、

リバイバルが起きるが無事帰宅。

佐知子はあることがきっかけで、

「誘拐事件が未遂に終わった」

ことを確信するが、

その後何者かに殺害されてしまう。

 

母親殺しのぬれぎぬを着せられそうになった悟に、

またもやリバイバルが起こり、

気がつくと、

18年前に過ごしていた北海道で、

小学生の悟になっていた。

リバイバル】で何度も人生をやり直す 

なんだかうらやましいような気がしますが、

実はこれがかなりハードなんです😅

悪いことが何なのかを確認して、

それが起こらないように防がなければならない。

でも、その方法も悟にはわからないので、

とにかくやってみるしかないんですよね。

そして失敗すればバッドエンドでショックを受けて、

またリバイバルして・・・。

精神的にもかなり苦痛です。

友達を助けたい!

どちらかと言うと、

人間関係が希薄で他人に無関心な悟でしたが、

母を救うためにはクラスメイトの雛月加代の誘拐事件を

阻止しなければならないと考え、

情報を集めるために、

積極的にクラスメイトに関わるようになります。

最初はただそれだけでしたが、

みんなと関わるうちに本気で、

「友達を助けたい!」という気持ちが生まれていきます。

その行動が未来の悟自身を変えていくことになるのです✨

幼い日の母の温もり

29歳の悟は北海道に住む母とは離れて暮らしていましたが、

小学生の悟は佐知子と一緒に暮らしていました。

彼はリバイバルすることで、

記憶の中で薄れかけていた

母との日々を思い出しながら、

追体験することになります。

その中で母を助けたい気持ちもまた、

強くなっていきます。

犯人は誰なのか? 

最後の最後で明かされる真実に、

あなたは驚愕すると共に、

背筋に寒気すら覚えることでしょう!

また、最初から見たくなること間違いなしです(笑)

 

FODプレミアムなら、初回のみ2週間無料で見られます✨

「北海道」×「タイムリープ」のイメージで、

テセウスの船」も思い浮かびますが、

こちらは過去に戻って小学生になった悟が、

名探偵コナンばりに頑張って、

未来を変えようとするお話と言えば、

わかりやすいかな?(笑)

 

miyugurumetabi.hatenablog.com

 

miyugurumetabi.hatenablog.com

 

miyugurumetabi.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー お問い合わせ