大阪在住OLの旅とグルメと日常。

旅とグルメと日常について、つれづれ。

映画【タイタニック】の何がすごかったのか?(ネタバレあり)

先日、数年ぶりに地上波で映画「タイタニック」が放送されました。

私がこの映画を初めて観たのは、1997年公開当時の映画館でした。

昔はチケットの予約システムがなくて、

長蛇の列に並んだ末に立ち見席だったのを覚えています。

3時間以上の映画を立ち見で観るのはかなりキツかったはずなのに、

涙を流しながらあっという間にエンドロールを見ていたような感覚でした。

映画【タイタニック】の何がすごかったのか?(ネタバレあり)

 

あらすじ

トレジャー・ハンターのブロック・ロベット達は、

1912年にタイタニックとともに沈んだとされる宝石を探して、

深海のタイタニックの調査を行っていた。

そして金庫の中から「青き海の心」と呼ばれるダイヤを身に着けた

裸体の女性の絵を発見する。

そのテレビ放送を見た100歳を超える絵のモデルだった女性から、

ブロックに連絡が入り、調査団の船に訪れた女性は、

静かにタイタニックの中で起こったことを語り始める。

上流階級のきらびやかな世界とローズの憂鬱

まずこの映画で描かれるのは、

上流階級にのみ許された圧倒的なきらびやかな世界。

みな綺麗に着飾って、豪華客船のタイタニックに乗船していきます。

しかし、その中で1人浮かない顔をしているのはローズ(ケイト・ウィンスレット)。

彼女はキャルドンと無理やり政略結婚させられそうになっていて、

ついにはタイタニックから飛び降り自殺しようとしている所を、

ジャック(レオナルド・ディカプリオ)に救われます。

下流階級への差別とジャックの強さ

ジャックはポーカーに勝って、タイタニックへの乗船券を手に入れます。

ローズの命の恩人である彼に対して、

キャルドンやローズの母親は差別します。

一応お礼として彼を上流階級の食事会に誘いますが、

明らかにバカにした態度をとります。

 

しかしジャックは、まったくそれには屈せず、

こう返します。

「毎朝目が覚めて何が起こるからわからないから楽しい。

 誰と出会い、どんな日になるのか。

 橋の下で眠る日もあれば、

 今は世界一の豪華客船でステキな人達とシャンパンを飲んでいる。

 人生は贈り物だと思っています。

 僕は無駄にするつもりはありません。

 例えどんなカードが配られたとしても。」

 

映画「タイタニック」ジャックのセリフより

このシーン、ものすごく好きです😍

天国から地獄へ 

その後、ジャックとローズは下流階級のパーティへと繰り出し、

楽しい時間を過ごします。

そしてローズの部屋で、冒頭の絵をジャックが描いて、

2人は結ばれます。

ここまでが夢のような天国な時間。

 

キャルドンと母親から咎められたローズは、

ジャックから距離を置こうとします。

そして、キャルドンに逆恨みされたジャックは、

地下室に閉じ込められてしまいます。

氷山に衝突したタイタニックは沈み始め、

船は地獄絵図と化します。

愛する人を守るために

上流階級の女性と子どもは優先的にボートに乗せてもらえるのですが、

ローズはジャックを探すために船に残ります。

危険が迫る中、船の中を探し回り、

ようやく見つけたジャックに手錠がかけられていたことを知り、

助けを呼びに行きますが、こんな状況では誰も助けてはくれません。

そして、ローズは非常時用の斧を見つけて、

水が深く浸水した通路を泳いでジャックを再び助けに行くのです。

もう本当に強いというかなんというか・・・。

これが私だったらボートに乗らないという選択すら、怖くてできないかも?

タイタニックは「人生の縮図」

ジャックとローズは2人で様々なピンチを乗り越えて、

生きることをあきらめずに最後までもがき続けます。

船長とタイタニックを設計したアンドリュースさんは、

タイタニックという誇りと共に海に沈むことを選びました。

音楽隊のメンバーは、乗客のパニックを少しでも和らげようと、

最後まで演奏を続けました。

 

キャルドンは汚い手を使ってでも、

ボートに乗ろうと必死です。

順番を守ろうとしなかった乗客を銃で撃ってしまった船員は、

そのまま自殺しました。

でも、一体誰が彼らを責められるというのでしょう?

本当にこんな事態になった時に、聖人君子でいられる人間が、

一体どれだけいるのでしょう?

 

そんな「人生の縮図」をジェームズ・キャメロン監督は、

本当にうまく表現しているなぁと感じます。

ローズはなぜ青き海の心を投げたのか? 

昔、このシーンを観た時は、

ローズの行動が私にはまったく理解できませんでした。

でも、大人になって観た時、ようやくわかったような気がします。

 

ローズはジャックの最期の言葉通り、

別の男性と結婚して子どもを産みます。

名前を変え、新たな人生を生きることにしたローズは、

今までのような窮屈な人生ではなく、

誰にも縛られることのない自由な日々を楽しみます。

そうして100歳を超え、

ずっと胸に秘めてきたタイタニックの話をしたことで、

自分だけが生き残ったという罪悪感から、

ようやく解放されたのではないのでしょうか?

 

彼女の中では「青き海の心」=「タイタニックの記憶」であり、

それを投げ捨てることで、本当の意味で解放されたのです。

最後のシーンは夢なのか天国なのか?

ウエディングドレス姿のローズが、

タイタニック号で亡くなった人達に祝福されながら、

ジャックと出会うシーンがあります。

夢であるという説と、

ローズが亡くなって天国に行ったという説がありますが、

私はどちらにしてもステキなラストシーンだなぁと思います✨

 

何よりこの壮大な物語を、

むしろ3時間で見事に描き切ったジェームズ・キャメロン監督は、

本当に素晴らしいとしか・・・。

何十年経っても色褪せない映画「タイタニック」を、

ぜひ今を生きる若い方達にも観てほしいです!

プライバシーポリシー お問い合わせ